キャバクラ派遣の気になる時給について

キャバクラ嬢の働き方は大きく分けて派遣と在籍の2つ。
雇用形態の違いとも言えるかもしれませんね。
どちらの方が、より稼げるのか気になっている女の子もいるはずです。
ということで、ここではキャバクラ嬢の気になる時給について説明していきましょう。

派遣も在籍も、お店によって時給の額は異なってきます。
なので一概にいくらとは言えませんが、相場という点で考えると、派遣は3,000円から3,500円くらいで、在籍はそれと同じかもう少し高いくらいではないでしょうか。
結論から言ってしまうと、時給に関してはキャバクラ派遣を利用した場合もそれぞれのお店に在籍した場合も、さほど変わらないんです。

派遣も在籍も、最低時給保証が設けられていることがあります。
この場合、派遣は大体時給2,500円から3,000くらいがその最低時給保証の額になってますね。
在籍の場合はこれもお店によって違うんですけど、在籍キャバクラ嬢のツラいところは、この最低時給保証が本入店から数ヶ月間限定であることも多いところ。

それ以降はさらに時給が下がってしまう可能性があるんです。
お店によっては2,000円を下回る時給で働かないといけないこともありますから、その点、派遣はとても恵まれていると言えるのかもしれません。

容姿・年齢・経験によって優遇あり

どんな仕事でも経験者は有利ですよね。
採用されやすくなりますし、条件や待遇も良くなる可能性が高いですから。
キャバクラ嬢も例外ではなくて、経験者であればどのキャバクラ店もまず採用を断ることはないでしょう。
スタートの時給も未経験の女の子と比べると高く設定されるはず。

キャバクラ派遣はどうでしょうか。
派遣の場合は未経験者でも登録は可能ですし、容姿や年齢によって登録が断られてしまうこともありません。
ただ、派遣されるお店のランクが変わることはあります。

在籍も派遣も経験者は優遇されることもしばしばあるのですが、派遣の場合は時給が高いお店や高級店などに出勤できる可能性が高まるんです。
未経験者でも、容姿や年齢によって派遣先が変わることは珍しくありません。
綺麗だったり可愛かったり若かったりすれば優遇されるのは、キャバクラの世界では当たり前ですね。

未経験の女の子は、最初は時給3,000円くらいで派遣キャバクラ嬢としてスタートを切ることができるでしょう。
経験を積めば徐々に時給の高いお店でも働けるようになるはず。

まずは始めてみることですね。
そうしなければ時給も上がりませんし、高級店でも働けませんから。
稼げるキャバクラ嬢になるには、スキルを身につけて容姿やスタイルなども磨くこと。
成長することで時給8,000円超えのお店で働くことも夢ではなくなりますよ。