在籍ではなく派遣を選ぶ女の子の特徴とは

同じキャバクラ嬢でも、お店に在籍して働く子と派遣会社に登録して働く子とでは、特徴が少し異なってきます。
派遣で働く女の子の特徴を紹介していきましょう。
もしここで紹介する特徴があなたに当てはまっているなら、在籍ではなく派遣を選んだ方がいいかもしれませんよ。

昼職をしている子でキャバクラ嬢をしている女の子は、ほぼほぼ派遣を選んでいます。
昼職をしている子は、残業があったり仕事で疲れていることもあるはず。
厄介なのは、そのタイミングが事前に掴みづらいこと。
派遣だったら当日でもお仕事ができるキャバクラ店を見つけられるので、副業にもピッタリなんです。

長期間仕事をしなくてもお店から怒られることもないし、派遣会社から急かされることもありません。
だから、派遣は昼職をしている子に選ばれているんですね。

夢の為の資金を貯めたいと思っている人も、派遣で働く女の子には多いです。
在籍でもお金は貯められるんですけど、辞めるハードルが派遣よりも高いのが難点。
派遣なら辞めたい時に辞められるので、自分の夢の為の資金を集めたらいつでも夢に向かって動き出せますよ。

気分屋だから自由に働きたい!という思いを持っていることも、派遣で働く女の子の特徴の一つ。
その理由は、派遣は在籍よりも自由が利くから。
出勤自由、シフトなし、働くお店の選択も自由、長期休暇OK、毎日出勤もOKと、本当に自由な派遣キャバクラ嬢。
派遣という働き方を選ぶ女の子が増えているのも頷けますよね。

在籍から派遣に変える子も急増中!

副業にも適していて、自由に働くことができる。
仕事をするのもしないのも女の子次第。
これだけメリットがあれば、派遣キャバクラ嬢を選ぶ女の子が増えるのも当たり前。
実は最近、在籍から派遣に変える子もどんどん増えてきているんです。

お店に在籍して働くことも悪いことばかりではありません。
でも、派遣の方がメリットが多いことに女の子たちは気付き始めてきているのかもしれませんね。

在籍だと毎日同じお店で働くので、どうしても人間関係でトラブルが起きたり、マンネリ化してしまって刺激が感じられなくなったりしてしまいます。
営業もしなければいけないし、指名が取れないとスタッフの男性に怒られたりお給料が下がったりと、成績が上がらないことに対するプレッシャーも半端じゃありません。

こうした人間関係のトラブル、強制的な営業、時給ダウン、プレッシャーというのは、派遣ではほぼほぼ無縁のことばかり。
だから、在籍から派遣に変える子が増えてきているんです。

これからもきっと増えていくはず。
だって、派遣で働いた方が楽ですしストレスもたまりませんから。
もし在籍と派遣を迷っているなら、派遣から始めてみることをオススメします。